So-net無料ブログ作成

トップドロワーならではの風格漂う<エドワードグリーン>GLADSTONE(グラッドストーン) [Edward Green]

[スポンサードリンク]




「KUTULINE(クチュラン)」第175回の逸品は、、、
「EDWARD GREEN(エドワードグリーン)」のキャップトゥ「GLADSTONE(グラッドストーン)」です。


175_edward_green_gladstone.jpg
ブランド:EDWARD GREEN(エドワード グリーン)
モデル:GLADSTONE(グラッドストーン)


<エドワード グリーン>のキャップトゥと言えば、「チェルシー」が鉄板。
でも実は、オーダーでしか手に入れることができないトップドロワーラインに「グラッドストーン」というモデルがあります。


それでは、解説を!!


[写真出典]http://leathersoul.com/2009/12/20/edward-green-top-drawer-gladstone/

「KUTULIN(クチュラン)」は、革靴ガイドです。
今日は、「EDWARD GREEN(エドワード グリーン)GLADSTONE(グラッドストーンをご紹介します。




<エドワード グリーン>らしさが溢れる1足



<エドワード グリーン>のキャップトゥと言えば、「チェルシー」と言いました。


「チェルシー」、とても完成度の高いモデルだと思います。


ただ、洗練された雰囲気だとか、かっこいいだとかいうイメージとはちょっと違う気がしています。

どちらかと言うと、質実剛健。
そして、そこはかとなくバランスが良く、流行に左右されないフォルム。

モデルの見どころとしては、スワンネックですかね。
流れるようなステッチで、優美な印象を与えてくれます。

さて、今回ご紹介する「グラッドストーン」。
こちらも、「チェルシー」と同じキャップトゥのモデルです。

どこが違うかというと、バンプのラインが一つ。
「グラッドストーン」は、このラインを踵側まで伸ばしたロングバンプになっています。


そして、「グラッドストーン」には、#808ラストが使われているのがポイントです。
このラストは、トップドロワーのみに使われていたスクエアトゥラスト。

このラストが採用されていることで、洗練された雰囲気が加わっています。

もちろん、スワンネックも施されていますし、とても<エドワード グリーン>らしいモデルと言えます。

実は、そんな「グラッドストーン」が、2017年7月から西武池袋本店別注として登場しています。

しかも、<エドワード グリーン>の箱で使われているカラーのライニングが使われていて、特別感が満載です。


175_edward_green_gladstone_sub.jpg


 


ぜひ、このレアなモデルにご注目ください!!



※「KUTULIN(クチュラン)」は、
革靴倶楽部「EYELET(アイレット)」という革靴情報サイトのオフィシャルブログです。
EYELET(アイレット)」では、靴について
「知る」「選ぶ」「修理する」「磨く」「あわせる」「育てる」「あつらえる」「揃える」という
8カテゴリに分類して情報を発信しています。


notice.png


おすすめの革靴情報なら革靴クラブEYELET(アイレット)へ! 


 




[スポンサードリンク]



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
革靴格付けサイト[クチュラン]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。