So-net無料ブログ作成

シンプルで履きやすい!!「Church's(チャーチ)」のAmberley [CHURCH'S]

[スポンサードリンク]




革靴ガイド「KUTULINE(クチュラン)」第157回の逸品は、、、
<Church's(チャーチ)>のサイドゴアブーツ「Amberley」です。


157_church_amberley.jpg

ブランド:Church's(チャーチ)
モデル:Amberley

6月初旬にプレス展示会へ行ってきました。
そこで拝見したところ、昨年に引き続き、’16AWもサイドゴアブーツ推しは続いています。

やっぱり、サイドゴアって、畳文化の日本向きのアイテムですしね。

今日は1推しのサイドゴアブーツをご紹介します! 

「KUTULIN(クチュラン)」とは、革靴ガイドです。
今日は、Church's(チャーチ)の「Amberley」をご紹介します。

甲がおさえられて履きやすい!使えるサイドゴアブーツ


英国のブランド<Church's(チャーチ)>。
1965年に、エリザベス2世の訪問を受けていて、正統派の英国靴を代表するブランドです。

実は個人的にも大好きなブランド。

私の足に<チャーチ>の木型があっているため、まるでスニーカーのようにラクラクな履き心地。
そのため、登板の機会が多くなっております。

そういう意味でも<チャーチ>の靴は「良い靴」ですね。

「良い靴」については、いろいろな考え方があるとは思いますけれど、履き心地が良くて、どんなお洋服にもコーディネートしやすいというのは、実用的で「良い靴」だなと思います。

なので、今回ご紹介するサイドゴアブーツも、実用的で「良い靴」かなと。

このサイドゴアブーツには、ラスト173が採用されています。

そして、このラスト173というのは、ドレスシューズの主力として使われているラストで、現代人の足に合わせてつくられたものです。

なだらかな甲のせりあがりに加え、自然なくびれのウエストで、フィット感のあるラストとして知られています。

ブーツでは、フィット感についてはゆるく考えがちになるとは思いますが、やはり、足に合ったものを履くのがベストです。

ぜひ、ご自身の足にあった1足を見つけてくださいね! 


※「KUTULIN(クチュラン)」は、
革靴倶楽部「EYELET(アイレット)」という革靴情報サイトのオフィシャルブログです。
EYELET(アイレット)」では、靴について
「知る」「選ぶ」「修理する」「磨く」「あわせる」「育てる」「あつらえる」「揃える」という
8カテゴリに分類して情報を発信しています。

notice.png

おすすめの革靴情報なら革靴クラブEYELET(アイレット)へ! 




[スポンサードリンク]



nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
革靴格付けサイト[クチュラン]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。